青山エイドステーション

« 前のページへ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

★英敏の宮古島参戦記! ★「やれることは何でもやろう!」★ついに初ロングデビュー★

★英敏の宮古島参戦記! ★「やれることは何でもやろう!」★ついに初ロングデビュー★

「えっ、当選?嘘だよね?」

昨年のクリスマスイブに宮古島大会事務局から当選のメールが届きました。申込倍率が高いと聞いていたことに加えて、提出した過去の大会成績も新島、館山、九十九里のオリンピックディスタンス3大会(しかもいずれも3時間を切っていない!)だけだったこともあり、当選するはずはないとタカをくくっての申込だっただけに、まさに晴天の霹靂でした。

ランはともかく、スイムとバイクについては常にレッスンの最後尾を争うような低レベルの自分が、昨年5月に新島でトライアスロンデビューしてから1年もたたないうちに、ミドルを飛ばして、スイム3キロ、バイク157キロ、ラン42.195キロの宮古島にチャレンジすることは誰がどう見ても暴挙でした。一時は「参加辞退」の4文字が脳裏を掠めましたが、まだ時間があるから大丈夫だよという励ましの声をいただき、清水の舞台から飛び降りる思いで参加料金を振込みました。

「やれることは何でもやろう!」

目標は制限時間13時間30分内で完走すること。シミュレーションすると、自分の遅いペースでもスイム1時間30分、バイク6時間30分、ラン5時間30分で完走できることがわかり、少しは気が楽になり、大会当日までやれることは何でもやろうと心に決めて練習計画を練りました。

まずはスイムです。1年前には100メートル泳ぐのもやっとという水準だったので、ともかく不安なくスタートラインに立てるようにと、ゆっくりでもいいので一度に長距離を泳ぐ練習に重点を置きました。年末の煩悩スイム(5.4キロ)にはじまり、スイム記録会(3.8キロ)、長水路でのペース練習(1.5キロ、3.8キロ)。スピードは相変わらずの遅さでしたが、回数を重ねる毎に長く泳ぐことにも慣れて、徐々にですが自信がついていきました。

バイクは最も苦手な種目です。平井大橋や新木場のレッスンでは常に最下位をキープする状況で、時速30キロでの巡航など夢のまた夢。おまけに風や登り坂にめっぽう弱く、このままでは風やアップダウンのある宮古島のコースでは撃沈必至だったので、一番力をいれました。

まずは機材の見直しです。カーボンホイール、チューブラータイヤを購入し、スプロケットも歯数の多いものに交換しました。あまりの貧脚のせいで劇的な効果は得られませんでしたが、金銭面ではやれるだけのことはやったという安心感は得られました(笑)。

練習では自分を追い込む自信が全くなかったので、青トラの伊豆大島と千葉の合宿に参加するとともに、バイクショップの走行会や合宿にも参加しました。練習の成果もあって遅いながらも長い距離も安定して漕げるようになりましたが、首の痛みのために風の強い宮古島ではマストのDHポジションを長時間キープすることができないまま本番を迎えたことは大きな不安材料でした。

ランはもともと好きな種目で、10月からハーフ4回、フル1回とこまめに大会に参加し、1月末には高低差がある館山マラソンでサブフォーを達成しました。バイクの関門にさえ引っ掛からなければラン勝負で完走できるかもしれないという目算を立てることができたのは良かったです。

2月末には実戦感覚を養うために久米島トライアスロンに出場しました。スイム2キロ、バイク46キロ、ラン20キロと自分にとっては初めてのミドルでしたが、暑い中にもかかわらず余裕で完走できたことは自信になりました。

「とうとうスタートラインに立つことができた!」

宮古島には青トラツアーで金曜日早朝に羽田を出発しました。経験者の方からいろいろな情報やアドバイスをいただいたのは本当にありがたかったです。レンタカーでバイクコースを下見したあとに選手受付を済ませ、ワイドーパーティーに参加しました。トライアスリートの熱気に溢れるお祭りムード満点の雰囲気に触れて、今回無理して大会に申し込んで本当に良かったと思いました。

土曜日にはスイム・バイク・ランを軽く練習し、緊張感も徐々に高まって来ました。大会当日の日曜日は5時にホテルを出て、真っ暗な中、懐中電灯の明かりを頼りにスタート会場の東急ホテルに歩いて向かいます。

夜が明けたばかりのビーチで1500人もの選手が一同に会する光景は壮観でしたが、遥か遠くに霞む折り返しのブイを見ると緊張のあまり胸が高鳴ります。「必ずゴールに帰ってくるぞー!ワイドー!(宮古島の方言で頑張るぞーの意味)」と全員で鬨の声をあげ、アドレナリン湧き出てくるのを感じながら、7時にスイムスタート。

バトルを避けて後方から入水したものの、往路は思ったほど集団がばらけず、常に人が周りにいるようなストレスのかかった中での泳ぎだったので、呼吸のペースを一定に保ちながら、安定した泳ぎの人を見つけてドラフティングしていくことを心がけました。スイムアップは1時間9分と予定より20分も早く、これはいけるかもと少し明るい気持ちでバイクにトランジットしました。

バイクは伊良部島、池間島、来間島を巡りながら宮古島を1周半する、アップダウンのある157キロのコースです。練習でもこんな長い距離を一気に走ったことがないのでともかく時速25キロのペースキープが最優先です。後続の選手におもしろいように抜かれて行きますが、ともかくランまで足を残すことが先決なので粘り強くペダルを漕ぎます。

120キロあたりまでにはDHポジションにも慣れ、予定通りのペースで走ることができましたが、来間島を過ぎてから強い逆風になり、足の疲れもあってスピードが急激にダウン。そこからゴールまでの35キロが本当に長く、何度もバイクから降りようかと思いましたが、なんとかバイクをフィニッシュしました。

「念願の完走まであとわずか!」

バイクフィニッシュの時点でゴール制限時間まで残り5時間40分。普通であれば問題なく完走できるペースでしたが、いかんせんバイクの後でどれだけ足が残っているか皆目わからず、「本当にこれからフルマラソンを走れるのか?」と不安いっぱいの中でのランスタートでした。ともかくキロ7分のペースをキープしようと心に決めて走り出します。

最初は足が思うように足が動かず、気ばかり焦りましたが、2キロ毎に設置されているエイドステーションでこまめに給水・給食していくうちに徐々にペースがつかめるようになりました。すれ違う青トラメンバーとのハイタッチや途切れることのない沿道からの応援にも元気をもらい、10キロ地点からは快調に走ることができました。

折り返し地点を過ぎて、宮古市街に戻って来た頃にはあたりも暗くなってきましたが、完走を目前にして気持ちも盛り上がりペースもキロ6分にあがります。ナイターに照らされた陸上競技場の門をすぎると、フィニッシュゲートはもう目の前。12時間44分と予定を大幅に上回るタイムでの万感のゴール。朝7時のスタートから本当に長い1日でしたが、当選メールをもらってからの4ヶ月間の練習が報われた嬉しい1日でもありました。

宮古島はトライアスロンを始めてからいつの日か参加したい憧れの大会でしたが、デビューしてから1年もたたないうちに、53歳で完走できるとは夢にも思いませんでした。今、考えてみると「やれるだけのことはやった」「大会を楽しもう」という気持ちでスタートラインに立つことができたのが、良い結果に繋がったと思います。

フェイスブックで練習をアップするたびに、関口さんをはじめクラブのメンバーから励ましやアドバイスをいただいたのも本当にありがたかったです。残りシーズンは本来の実力に見合った、バラモンBと佐渡Bに参加する予定ですが、これからも長くトライアスロンを楽しんでいきたいと思います。


posted by 2016.05. 5 | 固定リンクメンバー

★章子の「クロールで25m泳げなくてもトライアスロンできるでしょうか?」からのトライアスロン挑戦記★デビューは憧れの石垣島トライアスロン★

★章子の「クロールで25m泳げなくてもトライアスロンできるでしょうか?」からのトライアスロン挑戦記★デビューは憧れの石垣島トライアスロン★

「クロールで25m泳げなくてもトライアスロンできるでしょうか?」
そう言って青トラの門を叩いたのは昨年の夏でした。
25m泳げない、そんな私がトライアスロンに挑戦したいと思った理由は少し昔にさかのぼります。

私は学生の頃から長距離走が一番苦手なスポーツでした。体育の授業の持久走では息が切れ苦しくて、いつもクラスの後ろの方を走っていました。
大人になってからもマラソン大会のテレビ中継を観ては、私には絶対無理、一生ご縁の無いスポーツだと思っていました。
でも、ある時、何か自分にはできないことにチャレンジしてみたくなりました。それがフルマラソンです。
始めは週に1回程度のジョギングでしたが、1回が2回、3回、そして毎日走るようになり、距離も少しずつ伸ばしていって、ついにマラソン大会に出場しました。
初めてフルマラソンを完走できた時の達成感、充実感、感動は今も忘れることができません。
自分には絶対にできないと思っていたことも頑張れば出来るんだ。努力は報われるんだと実感した瞬間でした。

それから何度かマラソン大会に出場し(タイムは遅いのですが)、マラソンライフを送っていた頃、偶然テレビで石垣島トライアスロンを放送しているのを観ました。石垣島の青い空と海。その中で競技している選手の姿がとても美しくキラキラとしていました。とても感動的でした。
私もやってみたいな、でもクロール泳げないし無理だよね。そう思って諦めていました。

それから何年かの時が経ち、再びやってみたいと思う気持ちが膨らみました。自分には出来ない事にまたチャレンジしてみたい。今は無理だけど、頑張れば泳げるようになるかも、石垣島トライアスロンに出場できるようになるかも、その思いだけで青トラに入会しました。

まずは泳げないことにはスタートラインにも立てないので、スイム中心に練習しました。週に1回程の青トラのレッスンと、それ以外に週2?3回個人でプールで練習するうち、だんだんと泳げるようになりました。

次にバイクを購入しました。バイクは自転車に乗れればなんとかなるかなと思っていたのですが、これが甘かった。サドルが高くて足がつかない、車体が軽くてなんか浮きそう、スリップしてすぐに転びそう、スピードがこわい。
スイムをなんとかクリアできて喜んだのも束の間、すぐにバイクという大きな壁が目の前に立ちはだかりました。
練習以外にこの恐怖心、苦手意識を克服する手段は無いと先輩方に聞いてはいましたが、思うように練習会にも参加できず、一般道を走行するのがまだ怖いため、個人練習もあまり出来ず。

そんな中、シーズン初め4月の石垣島トライアスロンにエントリーしました。
バイクの練習不足も体の故障のアクシデントもありましたが、それも今の自分の実力と考え、石垣にむけて自分ができることを精一杯がんばることにしました。

レース当日は曇り空、私にとっては有難いお天気となりました。
とにかく完走することだけを目標にしました。焦らず慌てず他の人と比べずを心掛け、自分のペースで最後まで頑張ろうと。

スイムは波も無く泳ぎやすかったです。青トラレッスンでヘッドアップやその他のドリルを教えて頂いたので、他の競技者と接触しても、接触を避けて泳ぐうち集団からだいぶ離れてしまっても、慌てることなく泳ぐことができました。

トランジションではゆっくり落ち着いて次の種目の準備をしました。
トイレに行って、それから補給食のバナナを食べ水分を充分に摂って。ゼッケンをちゃんとつけたか、ヘルメット(キャップ)をかぶったか、シューズを履きかえたか。やることが一杯です。そして次の種目、バイク(ラン)へ。

バイクのコースはアップダウンがきついと聞いていました。ギアの使い分けも分からないし、重いギアで無理をして足に疲労を残したくなかったので、42km最後までずっと軽いギアで走行しました。おかげで足の疲れは無かったのですが、タイムはとても遅かったです。
でも、苦手なバイクが思いの外 楽しかったこと、スピードが出て怖い下り坂が気持ちよく走行できたことは収穫でした。

最後の種目のラン、10kmを走り切ればいよいよゴールです。よし、がんばるぞーと走り始めた途端、暑さが襲って来ました。顔や頭がすぐに熱くなりました。熱中症にならないよう、すべての給水ポイントで立ち止まり、飲むだけでなく、首や体にも水をかけました。
ゴールの折り返し地点では、先にゴールした青トラの皆さんが待っていて下さり応援して下さいました。暑さでバテそうだったけれど、その声にまた元気が出ました。
そしてゴール!

いつか出てみたいと思っていた石垣島トライアスロン、それが図らずもデビュー戦になりましたが、その記念すべきレースを無事に完走できて本当に嬉しく思っています。
トライアスロンなんて私には無理と思っていましたが、頑張れば出来ると信じ、思い切って始めて良かったです。
ご指導くださったコーチの皆様、初心者の私にアドバイスを下さり励まして下さった青トラメンバーの皆様、本当にありがとうございました。

レースを終えて今後の課題が見えました。まずバイクの苦手意識を克服しスピードアップをはかること、それから暑さに負けない、故障しない強い体を作ること。
そして、これからもトレーニングに励み、自分のペースで楽しくトライアスロンを続けていきたいと思います。

★章子の「クロールで25m泳げなくてもトライアスロンできるでしょうか?」からのトライアスロン挑戦記★デビューは憧れの石垣島トライアスロン★

posted by 2016.04.25 | 固定リンクメンバー

★青トラのミスターOWS千代次のトライアスロンデビューは石垣島★なんと完走に加え往復航空券までゲット!★

★青トラのミスターOWS千代次のトライアスロンデビューは石垣島★なんと完走に加え往復航空券までゲット!★

自身が考えるトライアスロンとは


まずは、始めたいと思ったら、とりあえず青トラに申し込んでみることです。あとはスピリットがあるかないか。できるからやるのではなく、できないかもしれないけれど一歩踏み出す。大会の1日だけがレースじゃなく、大会に向けてのトレーニング全てがひとつのレースなのです。
私がトライアスロンを初めたのは去年(2015年)の10月。
きっかけは、ずいぶん昔の話になりますが、大学生のころBRUTUSという雑誌の中で、建築家のエドワード鈴木さんがコナ島に挑戦した記事を読んだこと。それから約30年間チャンスをうかがっていましたが、何かに理由付け見送っていました。しかし、今年娘も社会人となり50代となった今最後のチャンスと思い決意しました。デビュー戦のターゲットは六か月後の石垣島。スイムはOWS(オープンウォータスイム)を5年程やっていたので不安はありませんでしたが、バイクとランは全く経験がないことから完走するスタミナ面が課題でした。
でも、ハードルが高いほどモチベーションは上がります。どうやったら課題を克服できるか、その手段を考えて実行に移す。そのプロセスが楽しいものです。トライアスロンにハマるのは「理想を実現するために今の自分をどう変えていくか」ということに興味がある人。実際、経営者や医者、弁護士など、人生において成功している人が多い。トライアスロンは、ハードルが高いほど燃える人には魅力ある競技ですが、逆のタイプの人にとってはとんでもないスポーツです。
私の場合、細かい練習計画は特にありません。そのかわり、夜の飲み会までに1時間あったらプールへ、帰りが0時前となれば自宅でローラ台を30分、週末はランと、かならず週2回の休息日以外は何かしらの練習を行うようにしていました。始めたころとあまり練習量は変わりませんが、質は変わりました。初めは、とにかくがむしゃらに、いかに距離を長くやるかでした。でも、ちょっと待てよと。速い人は間違いなくフォームがきれい。しかも小柄な華奢な女性達のパフォーマンスがすごすぎる。パワー任せの自己流のフォームじゃ、絶対上達しないと気づき、ランとバイクの入門書を読み漁り、青トラの練習会にも積極的に参加することとしました。正しいフォーム、知識を身につけると、速くなる、楽になるだけじゃなく、故障しにくくもなります。やはり土台造りが大切なのです。

2016年4月10日 石垣島トライアスロン大会


前日の4月9日石垣島へ移動
沖縄はもう夏、暑さに戸惑いながらホテル日航八重山で青トラメンバーとジョイン。バイクを組み立て、早速、皆さんとトランジッションエリアまでバイクの試走、そして軽めのスイム。コロラルドブルーの海、さすが沖縄、透明度も抜群でした。夜は前夜祭ということで青トラメンバーと焼肉パーティー、石垣牛しっかり堪能しました。その後は地元の方に挨拶がてら一人繁華街の美崎町へ。石垣島は離島にも関わらず繁華街がしっかりしているので夜のアクティビティーも少しあるとうれしい私としては申し分のないデビュー戦会場となりました。

4月10日大会当日
天気予報は曇り、路面は濡れていましたが雨は降っていませんでした。まだ日が昇っておらず真っ暗のなか会場までバイクで移動、トランジッションで周りの人の見様見真似で何とか準備を整えスタートラインへ。スイムはビーチからの年代別順のウェイブスタート。私は第5ウェイブ、OWSで何度も味わっているスタートなのでリラックスしてスタートに臨めました。想定通り、常に人ごみの中を泳ぐこととなりましたが、ほとんどサイティング(頭を水面から出しての方向確認)せずに済み、タイムも予想通り30分を僅かに切る29分(総合102位)のペースで完泳。ウェットスーツの着脱に手間取りながらもバイクスタート、第一関門を無事クリアーしました。
バイクコースは、島を半周約40?のコース。3か所ぐらい長いきつめの登りがありましたが、全体的に景観もよく走りやすかったです。ペースは、DHバー装着時にTTポジションのフィッティングをしっかり行ったことと、コンパクトクランクをノーマルクランクへ変更したのが功を奏して、平地では高額バイクを抜きまくり超気持ちいい状況。しかし、登りでは抜き返されまだまだだと思い知らされることを繰り返し、トラブルなしで無事ゴール。タイムも1時間32分(総合144位)で3時切りも狙える拍子抜けするぐらいの順調ぶりでありましたが、やはりそんなに甘いものではありませんでした。次に想像もしていな状況が待ち構えていました。
ランは海沿いの市街地を駆け抜けるフラットなコース。足に全く痛みやハリがなくこれはいけると思ったとたん、今までに経験のない横腹の重い痛み、歩きながら回復を待つが痛みが収まらず、しかも、日が照ってきて暑さと湿気の追い打ち。完全に完走狙いに切り替え、地元の方の声援があるところだけを走り、それ以外はウォーキング。ずいぶん抜かれることとなりましたが、ゴールが見えてきたところで、温存していた全てのものを出し切り超ラストスパート。大きな歓声の中、ラン1時間6分、トータル3時間7分(総合218位)でゴールイン。
ゴールでは、青トラのメンバーとお互いの成果を称えあい、仲間がいてくれるありがたさを噛み締めながら、ゴール後のアワードパーティーへ。青トラメンバーおそろいのユニフォームということもあり超圧巻。ほぼパーティー会場を制圧ムード。青トラメンバーに入賞者がいたことや道端カレンさんが入賞したことで盛り上がりながら、極め付きはじゃんけん大会、なんとわたくし航空券をゲットしてしまいました。しかも表彰台前でインタビュー、しっかり勝者の余韻までを味わってしまった大変楽しめたデビュー戦となりました。

今後は、さらにミドル、ロングとステップアップを踏み70歳台までしっかりトライアスロンを楽しみたいと思っています。また、2020年東京オリンピックに向けてトライアスロン競技者らしい何かしらの支援をしていければとも思っております。最後に、この場を借りて改めて青トラ代表の関口さんをはじめコーチ、メンバーの方々、そして、石垣島大会運営の関係者に感謝と敬意を込めて、厚く御礼申し上げ、終わりとさせて頂きます。

2016年4月11日
坂田千代次

posted by 2016.04.25 | 固定リンクメンバー

« 前のページへ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

このページのトップへ


無料体験お申し込み

お問い合わせ

青山トライアスロン倶楽部メールマガジン登録

青山トライアスロン倶楽部スケジュール

青山トライアスロン倶楽部キッズ公式ブログ

大阪トライアスロン倶楽部

EARTHトライアスロンショップ