青山エイドステーション

« 前の記事 | 青山エイドステーション TOP |

★友子の初アイアンマン@マレーシア ランカウイ島★そして「アイアンマン世界選手権」(KONA)出場権もゲット!★自分がどこまで成長できるかチャレンジします!

★友子の初アイアンマン@マレーシア ランカウイ島★そして「アイアンマン世界選手権」(KONA)出場権もゲット!★自分がどこまで成長できるかチャレンジします!

2022年11月、マレーシアのランカウイ島で初アイアンマン(スイム3.8キロ、バイク180キロ、ラン42.2キロ)に挑戦し、ついに憧れのアイアンマンになれました!

レース前に得た情報は、ざっくりこんな感じ。
・ポイントは暑さ対策!レースの気温は30度前後。湿度も高い。
・スコールが1日何回かある。和紙ソックスがおすすめ!
・バイクコースの路面はガタガタ、モンキーゾーンは補給禁止。
・ランは暑くて早歩き大会になるかも!
河原コーチのレースレポートも、バイブルみたいに何度も読んでレースに臨みました。

が、実際のレースは、特にバイクパートでの豪雨が凄まじく、映像を見せた人には「これ、災害?」と聞かれるほどのレベル。ポイントは暑さではなく豪雨でした。

<スイム>
自己評価:〇
総評:もう少し攻めれた気もするが、疲労感なくスイムアップできたので合格!

コースは、三角形を2周回。マーキングブイも多く、懸念していたバトルもなく、流れは多少あったものの快適。水温が28度を超えるためウェットスーツは禁止で、私にとっては初めてのノンウェットレース。腕回りのストレスと擦れを避けたかったので、半袖トライスーツの上半身をクルクル丸めて腰にしまい込み、その上にスイムスキンを着用。が、この作戦が裏目に。濡れたトライスーツを着るのとアームカバー装着に手間取り、T1で想定以上にタイムをロスしてしまいました。(肘から下、膝から下には何も装着してはいけないので、アームカバーやカーフガードはスイム時には不可。)

<バイク>
自己評価:◎
総評:過酷な環境の中、設定タイムのレンジ内で走れたのは上出来!

アップダウンのある島をほぼ2周。
スコールが「何回か」あるとは聞いていたものの、この日はまさかの「終日」スコール!前が見えないうえ、冠水して川のようになった道路を何度も通ることに。ホイールが半分くらい埋まり、茶色の濁流で路面は見えず、横に強い流れがあるので気を抜くと流されそうで、落車やパンクのリスクにヒヤヒヤでした。レース後に知りましたが、押して通過した人も多かったそうです。

焦ったのは、ふとサドルの後ろを見たら、ツールボックスがなかったこと。序盤のガタガタ道で紛失したようで、パンクやメカトラが発生したら即アウト。タッチパネル式のサイコンも、激しい雨に反応して画面がどんどん勝手に変わる始末。持ち主の操作よりも雨を優先するなんて何てことだ。補給食も悲惨で、ルンルン食べようとお弁当箱に用意していたグミとドライフルーツが、豪雨でべちょべちょ。健康に悪そうな食べ物に様変わり。さらに、エネルギー源のジェルボトルも、濁流を通過したときに泥まみれに。このボトルは飲めるのか?と自問自答しながらも、完走のためにグイっと泥エネルギーを摂取。
そして、首が回らない!路面状況確認のため前を見る時間が多く、首と肩にかなりの負担がかかり動かない。あー、マッサージ行きたい・・

一方で、エイドのスポーツドリンクがファンタグレープみたいで美味しかったので、何度もリピートして癒されました。あと、モンキーゾーンは補給禁止のはずなのに、なぜかエイドが設置されており、バナナのごみをモンキーたちが嬉しそうに抱えているシーンにも癒されました。今年は雨のせいか例年よりモンキーの数は少なかったそうです。

<ラン>
自己評価:〇?
総評:タイムはいまいちだけど、あれ以上は無理だった。私がんばった!

ランに入っても雨。コースは、空港とホテルの周りを2周半。
トランジションエリアからランに移る道は、田んぼのぬかるみ状態で、もれなくシューズがスポーンと脱げた!舗装路は足首まで水、芝生や砂を走る場所もグチョグチョで、最後まで極めて走りにくい状況が続きました。タイミングチップが擦れて足首が流血していることにも気付かず、「エイド以外は歩かない」というマイルールを遵守し、何とか走り切りました。最後の2キロがあんなに長かったのは初めてです。暑くないのは救いでしたが、心の底から疲れました。最後のレッドカーペットだけは堂々と闊歩して、ようやくゴール!長かったー

<レース後+α>
なんと、運よくコナの権利をゲット!人生初ハワイが決定!!わーい。
あのコンディションの中、自分なりには上出来のパフォーマンス。

唯一の失敗は、エントリー名がアルファベットではなく漢字だったこと。ロールダウンセレモニーでは、司会者が私の名前を呼べずに困っていました。日本で応援してくれた方々からも、「トラッカーで名前が見つからない!」という苦情をたくさんいただきました。

それにしても、現地でずぶ濡れになりながらサポートしてくれた大会関係者やボランティアの方々には、本当に頭が下がります。

そして、青トラのコーチの皆さん、メンバーの皆さん、ありがとうございました。
コナに行けるチャンスなんて最初で最後かもしれないし、円安で例年より高額なエントリー代を払ってしまったので、それまではまじめにトレーニングしてみようと思います。自分がどこまで成長できるか楽しみです。(しなかったりして!)
オフシーズンの強化種目は、スイムです!ランやれという意見が殺到しそうですが。

★友子の初アイアンマン@マレーシア ランカウイ島★そして「アイアンマン世界選手権」(KONA)出場権もゲット!★自分がどこまで成長できるかチャレンジします!

posted by 2022.12. 2 | メンバーメンバー

« 前の記事 | 青山エイドステーション TOP |

このページのトップへ


無料体験お申し込み

お問い合わせ

青山トライアスロン倶楽部メールマガジン登録

青山トライアスロン倶楽部スケジュール

青山トライアスロン倶楽部キッズ公式ブログ

大阪トライアスロン倶楽部

EARTHトライアスロンショップ