青山エイドステーション

« 前のページへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

★シンゴのトライアスロンデビューの背景から故郷広島でのデビューレース、そして初51.5km完走のメモリアルレースと完璧なフィニッシュシーン★

★シンゴのトライアスロンデビューの背景から故郷広島でのデビューレース、そして初51.5km完走のメモリアルレースと完璧なフィニッシュシーン★

★トライアスロン、そして青山トライアスロン倶楽部との出会い

"トライアスロン"という競技が存在することは昔から知ってはいましたが、アイアンマンレース(3.8kスイム、180kバイク、42.195kラン)のイメージが強く、
軽くランニングとスイムしかやっていない自分が大会に出場することど考えたこともありませんでした。

あるとき、通ってたスポーツセンターでお台場でトライアスロン教室入門編が開かれることを知りました。
入門編ならと軽い気持ちで参加してみることにしました。
このときはスイム、バイク、ラン、そして座学の簡単なものでしたがトライアスロンへの興味が少し湧くことになりました。
その数か月後、今度は実践編が一泊二日で行われることとなり気づけばエントリーしていました。

千葉で行われた実践編は、ビデオを撮影しながらランの講義、実際の海をウェットスーツでのスイム、バイクの公道走行などどれも非常に面白く、
またミーティングでは青トラ代表の関口氏から、新島トライアスロン大会をはじめ複数の大会の映像をみせていただきました。
綺麗な海や、必死にペダルを踏む選手たち、前夜祭や後夜祭の盛り上がってる様子などを見ていると、何時の間にか自分もトライアスロンをやりたい気持ちが大きくなってきました。

翌日の参加者全員でアクアスロン(スイム、ラン)の模擬試合を終える頃には、トライアスロンをやる決心がついていました。
後日、青山トライアスロン倶楽部へ入会届を行い、トライアスリートへの一歩を踏み出しました。
しかし、残念なことにバイクやウェットスーツが揃う頃には、主だったトライアスロン大会の申し込みが締め切られており、この年はレースに出場することなく、シーズンが終了を迎えてしまいました

今年の夏に開催されるトライアスロン教室実践編in南房総の詳細・エントリーはこちらから


------------------------------------------------------------------
★廿日市ASTCアジアトライアスロン2016 トライアスロン大会デビュー戦

<デビュー戦をやるなら故郷で>
折角デビュー戦をやるなら新島でもない、横浜でもない、故郷広島でやりたい。そう思ってこの廿日市市で開催される大会にエントリーしました。
初の大会参加であり、なおかつGW中のため、バイクの輸送、宿の手配、前日当日の手続き等不安材料は多かったものの、旅行会社やホテルに無理を言いつつなんとか参加にこぎ着けることができました。旅券の関係で前日のバイク預託に間に合わず、心底焦りましたがバイクをそのまま部屋に持ち込む許可を頂いたホテル側の対応は本当に助かりました。

<突然のスイム短縮>
朝5時に宿泊先のホテルを飛び出し、15km先の大会会場へ向けてバイクにまたがりました。
空は雲もほとんどない晴天で、はつかいち大橋を全力でペダルを踏んだりして汗だくで開場入りしたことを覚えています。
トランジションでバイクをセットしていると突然アナウンスが...どうやら水温が低すぎるため、スイムの距離が1500mから500mへ短縮されるとのこと。
確かに前日のカンファレンスでも水温の低さを心配されており、スイムスキップも可能にはなっていましたが。
周囲では安堵の声も聞かれましたが、私は二重のショックを受けて呆然としていました。
トライアスロンデビューに選んだ記念の大会が距離短縮されること、
そして、それはつまりこの大会を完走してもスタンダードディスタンス(51.5km)の完走リザルトが手に入らないということになります。

<気持ちを切り替えて>
折角のデビュー戦なのだから楽しまなくては損だと、気持ちを切り替えて最初のスイムに向かいます。
ここで運営の判断は正しかったと痛感しました。水が冷たすぎる...明らかにサウナの冷水より冷たい。
さらには緊張からか力み過ぎて最初から激しい競り合いに参加した挙句、過呼吸に陥る始末。持ち直すのに300mほど掛かりました。
500m泳ぎ切った後はフラフラでトランジションエリアに駆け込みました。もしかして1500mだと関門に間に合わなかったかも。。。

急いでウェットスーツを脱ぎ、乗車ラインを過ぎてバイクにまたがりましたが、今度はビンディングが嵌らずバランス崩してコーンへ接触しそうに。
なんとか持ち直したものの、傍にいたスタッフさんから落ち着いて、ゆっくり行きましょうのエールをいただきましたが、恥ずかしくて片手上げて答えただけでコースへ飛び出してしまいました。

それでもバイクのコースはアップダウンが少なく、天候の良さと相まって大変気持ちが良いものでした。
スイムで冷えた体も温まって、沿道から応援してくれる家族へ手を振る余裕もでてきました。
40Kmという距離をそこまで長いと感じる前にバイクは終わり、いよいよ最後のランへ。

<脚が動かない...>
10Km。まったくランニングをされない方は長い距離だと思われるかもしれませんが、ハーフ/フルマラソンをされる方にとっては大した距離でないはずです。
私も10Kmくらいなら少々疲れていても何ともないと思っていましたし、バイクで少々息はあがっていましたがまだ余裕を残していました。
ところが、ランニングシューズに履き替え走ろうとすると...脚が思うように動きません。マラソンで30Km超えたあたりの感覚に近いと思います。
しかし残りは10Km。とりあえず腕を振り、脚を少しでも前に出します。給水所を過ぎ5Km程度走るとゴールの傍までたどり着き後は周回コースとなりました。
するとMCが”続いては〜青山トライアスロン倶楽部ユニフォームが見えてきました”などと盛り上げてくれます。ここでは恰好つけて少しペースアップ(笑)。

<ゴールの興奮>
最後の周回を終えゴールへの直線に入ると、自分の名前がアナウンスされ、両サイドからは拍手のシャワーです。
まるでトップでゴールへ帰ってきたかのような錯覚さえ覚え、テンションは上がる一方でした。
両手を上げてガッツポーズしながら、用意されたゴールテープの中へ飛び込みます。
肩からタオルを掛けられ、テントへ誘導されるときには目頭が熱くなりました。
たまらない達成感と心地良い疲労感を味わいながら、トライアスロン始めたことによる新しい喜びを噛みしめました。

------------------------------------------------------------------
★2016世界トライアスロンシリーズ横浜大会 初の51.5Km完走リザルト

廿日市でのトライアスロン大会でデビューした二週間後、
日本開催されるトライアスロン大会の中で最も観客の多いといわれる横浜トライアスロンは参加しました。

<厳しいスイム>
横浜トライアスロンでは山下公園前の氷川丸周辺を三角形に泳ぐ一周750mのスイムコースでしたが、この日は風が強く、波がたっていました。
一周目は大きくながされたり、波に対応できず遅くなったものの、二周目に入ると次第に慣れていきました。
1500m泳ぎきり、トランジションエリアへ向かう通路で海上に目をやると、リタイヤされている方が数人確認できました。
厳しいスイムだったように思えます。

<沿道からの声援に感謝>
バイクは周回コースで、片方は山下公園を前が折り返しになっています。ここにはたくさんの観衆がおり、がんばれの声援が途絶えません。
非常に気持ちが良く、またその声援が力になるかのようにペダルを踏み込めました。
もう片方側は観衆は少ないですが、ボランティアやスタッフの方が声をあげながら注意喚起や応援をしてくれます。

ランにはいったときも、小さい子からお年寄りまで、違うジャージを応援している団体からも声援をいただきました。
もちろん青トラのチームメイトの方々からも。
脚はきついし、息もあがっていますが、走る事を止めようと思わないのは、この声援のおかげなのかもしれません。

<前回のゴールでやり忘れていたこと>
いよいよラン周回を終えて、ゴールゲートまでの直線にはいりました。廿日市のときと同じように名前を呼ばれテンションはあがってはいたものの
今回は冷静に、青トラ伝統(?)の村上ジャンプを決めるべく体力を温存していました。
そしてゴールテープ切る瞬間、全力でジャンプ。MCも”吉岡選手、ジャンプでフィニッシュ〜”と拾ってくれました。かなりうれしかったです。

<リザルト>
横浜トライアスロンを無事完走でき、51.5K完走のリザルトを得ることができました。これでミドル以上の大会にもエントリーができます。
ただ、記録はまだまだ納得いけるものではなく、今後はミドルディスタンス以上の大会も視野に練習に邁進したいと思います。

★シンゴのトライアスロンデビューの背景から故郷広島でのデビューレース、そして初51.5km完走のメモリアルレースと完璧なフィニッシュシーン★

posted by 2016.06. 8 | 固定リンクメンバー

★奈月の青トラ入会後初レースは世界トライアスロンシリーズ横浜大会(スプリント)総合3位、年代別2位!★応援本当にうれしかったです!★

★奈月の青トラ入会後初レースは世界トライアスロンシリーズ横浜大会(スプリント)総合3位、年代別2位!★応援本当にうれしかったです!★

トライアスロンを始めて3シーズン目にして、青山トライアスロン倶楽部に入会させていただきました國永です。

チームに入らなくても一人で練習すれば大会出れるでしょ?マラソン大会みたいな感じだよね?と思いながら2シーズンを過ごしてきました。
どこの大会に参加しても、様々なチームの方々がいる。ぼっち寂しい。一緒にトライアスロンを楽しみたい!と不純な動機で入会しました。

朝ラン、通勤バイク、週1スイムを心がけて2年ほどやってきました。
一人でも練習はできるけど、チームの皆さんと練習した方が頑張れる。
青トラに入って一番実感していることです。

入ってすぐの先日5月15日に世界トライアスロンシリーズ横浜大会(スプリント)に参戦してきました。

昨年も同じ種目でエントリーしていたので2年連続になるのですが、チームに所属してから初めての大会。ドキドキです^^

スプリント女子は最終スタート11:20?なのでゆっくりと横浜入り。
チームブースに荷物を置かせてもらい軽くアップ。
一人参戦とは違い、同じチームウエアを着た人がいるだけで安心感と言うよりニヤニヤ。

スイムスタート直前にも声をかけていただきにんまりとしながらスタートに向かいました。

<SWIM>750m
ODに出た方から思ったよりもブイが見づらいから気をつけて!とアドバイスをいただき心に刻んでスタート。
本当に見づらい。そして海水が横浜味。勿論透明度もないので四苦八苦しながらもスイムアップ。
やっぱりプールとOWSは違うな…と痛感しました。

<BIKE>20km
今回からバイクにシューズを固定してスタート。初めての試みで大した練習もせずにぶっつけ本番!
バイク上でシューズ履くのって中々難しいんですね。もっとちゃんと練習します。
ヘアピン折り返しが多く0スタートもなんとかこなして楽しくバイクは終えられました。
昨年出てるので覚えているコースって言うのも楽しくこなせた一因です。ただもう少し踏んでもよかったか…と終わってから後悔。
途中大きな声で名前を呼んでもらってつい振り返ってみたり。凄く嬉しかったです。

<RUN>5km
あっと言う間の5キロでした。なぜか練習では平気なのにレースの度に靴擦れをおこして流血…
痛みに耐えながらも気持ちよくゴールイン。
途中何度もチームの方々とすれ違いハイタッチやアイコンタクト。ほんと励みになりました。

結果として総合3位、年代別2位と表彰台に上がることが出来たので嬉しかったです^^
応援してくださった皆様ほんとうにありがとうございます。


今季初トライアスロン、初チーム参加と初めてづくしのことばかりでしたが、
今までとは違う楽しみが増えました。これからよろしくお願いいたします★

posted by 2016.06. 7 | 固定リンクメンバー

世界トップ5入り!日本パラトライアスリートの「龍」、2016シーズンスタート!

世界トップ5入り!日本パラトライアスリートの「龍」、2016シーズンスタート!

会員番号108の 中澤 隆(りゅう)です。

2015年度のパラトライアスロンPT5(視覚障害)男子で世界ランキングが7位となりました。今在学している筑波技術大学の先生から推選を頂いて、茨城県つくば市から、つくばスポーツ大賞2015にノミネートされました。授賞式では、自分以外に約10人の人達がノミネートされていました。競技は、筑波大バトミントン部、筑波大柔道部、地域のダンスサークル、ジュニアテニス、縄跳び、などがいました。障害者競技は自分だけでした。座席は最前列の一番最初に呼ばれるような所を用意されていました。ノミネートされた人達全員に楯が送られて、各スポンサーによる賞が発表されて行きました。最後のつくばスポーツ大賞グランプリつくば市長賞が発表されるまで、自分の名前は呼ばれなかったので賞は無いのかなと思っていると、名前を呼ばれて、正直にビックリしました!大っきなトロフィーを貰うは初めてで嬉しかったです!

グランプリと取ったおかげか、地域ラジオや地域新聞の取材をいろいろとうけましたので、見て下さい。
茨城県地域情報紙「常陽リビング

2016年度は、4月24日オーストラリアのペンリスで開催された世界選手権で3位(ガイドはトータルイマージョンの吉野コーチ)、4月29日広島で開催されたアジア選手権で優勝(2連覇)(ガイドはチームケンズの原田コーチ)することができました!
世界ランキング 5位(5月3日現在)と良い感じに連戦することができました。ガイドの吉野コーチ、原田コーチありがとうございます!

次の大会は、5月14、15日横浜で開催される世界選手権、エイジパラに出場します。世界選手権のガイドはチームケンズの原田コーチです。そして、エイジパラは青トラ会員の高瀬さんです。優勝を目指してガイドさんと一緒にがんばります!開催時間が早いですが、応援のほど宜しくお願いします。

そして、グランドファイナル大会が7月23、24日にオランダのロッテルダムであるので優勝目指して頑張ります!

中澤 隆 36歳 現在進化中です!

世界トップ5入り!日本パラトライアスリートの「龍」、2016シーズンスタート!

posted by 2016.05. 5 | 固定リンクメンバー

« 前のページへ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このページのトップへ


無料体験お申し込み

お問い合わせ

青山トライアスロン倶楽部メールマガジン登録

青山トライアスロン倶楽部スケジュール

青山トライアスロン倶楽部キッズ公式ブログ

大阪トライアスロン倶楽部

EARTHトライアスロンショップ