青山エイドステーション

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

★ツトムの初デュアスロンは年代別優勝!★台風の影響で距離も短縮され最悪のコンディションの中、後半上げる最高のレース展開ができました!★

★ツトムの初デュアスロンは年代別優勝!★台風の影響で距離も短縮され最悪のコンディションの中、後半上げる最高のレース展開ができました!★

苦手なスイムがないデュアスロンなら、少しは成績が上がるかなと思い、10月29日、初めてのデュアスロンとなる、「チームケンズカップ・紅葉チャレンジデュアスロンin加須大会」に出場してきました。

今回の大会は、台風21号の影響で、会場となる渡良瀬遊水地の一部が冠水し、一時は開催が危ぶまれましたが、ようやく3日前に開催が決定。しかし、ホッとしたのもつかの間、今度は台風22号が接近する中での大会となりました。

大会当日。天気予報は終日雨。それも大雨になりそうです。テンション低いまま会場に着き、受付を済ませます。

8時から競技説明会。台風接近の為、距離を短縮して実施とのことで、私がエントリーしたデュアスロンAタイプ(第1ラン3キロ、バイク30キロ、第2ラン5キロ)は、第1ラン1.8キロ、バイク14.4キロ、第2ラン5キロに短縮となり、スタートも45分繰り上がりました。

本当はスタート前にアップや試走をしたほうがいいのでしょうが、とても雨の中アップや試走をする気にならず、競技説明会の後は、車の中で暖を取りながら、朝食を食べたり、新聞を読んだりして時間をつぶし、スタート時間ギリギリにスタート地点へ。計測用のアンクルバンドを装着して、9時47分にスタート。

第1ランは1.8キロと短いので、スタートからみんなダッシュします。私もキロ3分20秒台で飛び出しましたが、やがてペースもちょっと落ち着いてきました。それでもキロ4分を切るペースで走り切り、トランジションへ。

ヘルメットをかぶり、シューズを履き替え、バイクスタート。距離も短いので、70前後のケイデンスでビックギアを踏み、スピードを上げます。

コース上には落ち葉や水溜りがかなりあったので、とにかく落車だけはしないように気をつけました。

何とか無事に規定の2周回を終えようとする辺りで、前方に、同じエイジクラスの有力選手を発見。事前に昨年の上位選手の中で今年出場する選手はチェックしていました。

「この選手を抜けば、表彰台に上がれる可能性が高い」と思い、第2ランのスタート時からピッタリとマーク。第2ランは2周回のコースですが、1周目は結局追いつけませんでした。

2周目に入り、折り返しで相手の息遣いと表情を確認すると、かなり苦しそう。「これは逆転できるかも」と思い、距離を詰めて、相手のペースが落ちてきたところで、一気に抜き、あとは後ろを振り返らず、最後は心拍数190まで追い込んでゴールに駆け込みました。

記録は57分10秒。ゴール後はバイクをピックアップし、順位が出るまで車の中で待機します。11時半に速報記録が貼り出されました。ドキドキしながら見ると、総合13位。

年代別は、、、、1位。50歳代は5人のみの出場ですが、それでも年代別優勝です。

台風接近に備え、早期撤収とのことで、表彰式が中止になったのは残念でしたが、初のデュアスロンで年代別優勝できたのは嬉しいです。雨の中出場した甲斐がありました。

posted by 2017.11. 1 | 固定リンクメンバー

★友子の毎年定番2017年もラストトライアスロンレースは九十九里トライアスロン(99T)で!★

★友子の毎年定番2017年もラストトライアスロンレースは九十九里トライアスロン(99T)で!★

9月16日、九十九里トライアスロン大会(99T)に出場しました。
ちょうど2年前の99Tでデビュー戦を飾ったこともあり、個人的に思い入れのある大会です。
9月の恒例行事として3年連続3回目の出場となり、毎年99Tでトライアスロンシーズンは終了です。

今シーズンは5つの大会に出場し、まだまだ先の話と思っていたロングディスタンスのレースにも初めて挑戦しました。
(4月:石垣島、5月:新島、6月:長崎五島Aタイプ、9月:佐渡Aタイプ、99T)
ロングを2本完走したことでそれなりの自信もつきましたが、それでも99Tの会場に着くと、右も左も分からず不安でいっぱいだったデビュー戦の頃を思い出します。
99Tは参加人数が国内最大規模と言われており、初心者が多い大会としても知られています。
今回もトランジションの準備をしていると、初レースと思われる選手が、バイクラックへのバイクのかけ方が分からず困っていたり、バイクやランで使うアイテムのセッティングにまごついていたり、ウエットスーツを前後逆に着てしまったりと、いろいろな場面に出くわしました。
自分もつい最近までこんな感じだったんだなと振り返りながら、こうやって初心を思い返せるだけでも、毎年出る価値があると改めて気付きました。

99Tは、毎年見事に雨が降ります。
今年こそ快晴かと思いきや、台風の影響でやはり雨のレースになりました。(小雨ですみましたが。)

<スイム>
台風の影響もあってかなり潮の流れがきつく、フローティングスタートの予定がビーチスタートに変更。
コースは、(海ではなく)河口を2周回。行きは流れにのってスイスイ進める一方、帰りは逆流で泳いでも泳いでも進まないという、イヤなパターン。
自分の手すら見えない濁った水の中を泳ぐのは、エントリーした時点で覚悟しているとはいえ、やはり勇気がいります。
透明度で言えばお台場の海も似たような感じですが、私の中では「お台場は緑、99Tは茶色」のイメージです。
折り返しのブイを回って岸に向かって泳いでいると、急に手が底に付くくらいの浅瀬に到達。
「あれ?もう1周終了?」と思って立ち上がると、何と岸はまだまだ先。ここからは浅瀬が続くようで、泳いでいる人と歩いている人は半々くらい。
前回はこんな浅瀬なかったよね?と戸惑いながらも、水の中を歩くのは体力を使うので、浅瀬でも無理やり泳ぐことにしました。
が、潮が完全に逆流。懸命に泳いでも歩いている人に追いつけず、結果的には、たぶん歩いたほうが速かったです。

<バイク>
99Tはトランジションが長いことで有名ですが、それでも回を重ねるごとに改善されていると思います。
バイクラックに向かう途中で青トラメンバーを発見して声をかけたのですが、丁寧にバスタオルで全身拭いていて、お風呂上りみたいでした。
バイクコースは、ほぼフラットな有料道路を3周回。行きは向かい風、帰りは追い風。
今シーズンはロング対策でスピードよりも距離を優先したためか、スピードが思ったよりも上がらない・・・。
けっこう必死にペダルを回しているつもりなのに、サイコンに表示されるスピードは全然上がらないし、なぜかどんどん抜かれる。
おかしい。パンクかな?いや違う、ただ自分が遅いだけか・・・。結局最後までスピードに乗れた気がせず、不本意なまま終了。
小雨模様で気温も高くなかったので、ドリンクは1本で十分と思っていましたが、途中で飲み干してしまい最後はカラカラでした。

<ラン>
ランは、本当に苦手。というか、なかなか好きになれない種目です。
この日も何だか出だしから足が重く、しかもバイクでの満足感がいまいちだったためか気持ちも重く、あっという間に疲弊モードに。
「まあ2週間前にロングに出てるからこんなもんか」と無理やり自分を納得させつつも、コースの途中で砂浜を走る所が何か所かあり、あまりの走りにくさにますます気持ちがめげていきます。
ネガティブな気持ちが悪影響したのか、あと少しでゴール!という最後の最後の分岐点で、なぜかコースを間違えるという凡ミス。
気付いて慌てて引き返しましたが、ムダに数百メートルも余計に走ってしまい、すごく損した気分になりました。が、無事ゴール!
ゴールすればイヤなことも全て忘れて楽しい記憶で上書きされるのが、トライアスロンのいいところだと思います。

ちなみに、これまでの3回の99Tを振り返ってみると・・・。

1回目(2015年)
練習開始から2ヶ月でのデビュー戦。ノンストップで1.5?泳ぐのも、40?バイクで走るのも、本番が初めて。
とにかくバイクが遅く、途中からは完全にママチャリペースで、たった40?なのに2時間近くかかった記憶が・・・。(記録はもう見たくないです。)

2回目(2016年)
バイクのタイムが大幅改善!我ながら成長ぶりを感じられた1年でした。
この年はミドルディスタンス(セントレア、佐渡Bタイプ)にも挑戦。
記録的猛暑だった佐渡では、自分の完走よりもAタイプの方々の勇姿にジーンときて、「私もいつかロング完走したい!」とうっかり思いました。

3回目(2017年)
ロング2本完走した後なので、何の気負いもなく99Tを楽しめました。
こんなに早くロングデビューすることになったのは想定外でしたが、今思えば背中を押してくれた方々に感謝です。
ロングでもショートでも、どうやら「スイム→バイク→ラン」の順で抜かれていく先行型スタイルは変わらないということがはっきりしました。


今年は、初ロングの五島Aで年代別3位、99Tで年代別1位と、たまたま結果がついてきたシーズンでした。
ただ、「スイム→バイク→ラン」と順位が落ちていく展開からはそろそろ脱却したいです。
スイムアップ後のトランジションでバイクがずらりと並んでいるのはすごく気分が良いのですが、最後のランで抜かれると本当に気が滅入ります。
ラン単品では以前より成長したと思うのですが、トライアスロンのランになると、どうもパッとしません。
その辺を考えながら、いつかランでごぼう抜きできるように練習したいと思います。

そして、まだ出たことのない楽しそうなレースが全国あちこちにあるので、今から来シーズンはどの大会にエントリーしようか楽しみです。


★友子の毎年定番2017年もラストトライアスロンレースは九十九里トライアスロン(99T)で!★

posted by 2017.10.29 | 固定リンクメンバー

★大学1年生 カズキの木更津トライアスロン完走記!!★ついにトライアスロンデビュー

★大学1年生 カズキの木更津トライアスロン完走記!!★ついにトライアスロンデビュー

こんにちは。池上一希です。
18歳の大学一年生です。よく大学ではやってないの?と聞かれますが大学では何もやっていません…
なぜ青トラなのかと言いますとロングやミドルの大会に出場したいというのが一番大きかったです。
というわけで6月から青トラで練習をしています。
デビュー戦として8月の下旬の木更津トライアスロンのオリンピックディスタンスを選びました。
コースは波もなくフラットで泳ぎやすく走りやすいコースでした。
スタート前まで:気温はそこまで上がらず水温は温かい方でした。試泳はしっかりできて海の感じなども掴めました。初めてでトランジションエリアのセッティングの仕方もよくわからなかったので周りの人の真似をしてなんとかしました。
スイム:2回目のOWS、集団では初めてなので安全に後ろからスタート。それでもスタート直後は激しいバトルに巻き込まれゴーグルに水が入ってしまい途中で出すまではなかなか泳ぎに集中できませんでした。タイムは自分の予想より2、3分遅れてしまい焦りながらバイクへ
バイク:どフラットなコースそんな中一番きつかったのは風はなく腰痛でした、1周目から腰に激痛が走り続けていました。ポジションが悪かったのでしょう…そのため必要以上に足を使ってしまいました。結構疲れながら最後のランへ
ラン:バイクで思った以上に足を使ってしまい疲れていたためペースは落ちていくばかり、途中から靴擦れも痛くなってきてヘトヘトの中なんとかゴール…元陸上部とは思えないランの遅さにショックを受け、トライアスロンの辛さを実感しました。

全体的に課題が多かったデビュー戦ではありましたが、完走できたことの喜びも大きかったです。なんでトライアスロンやってるの?よ聞かれたら完走した時の達成感が半端無いからと答えそうです。
木更津トライアスロンはとてもフラットなコースで初めてのトライアスロンにぴったりだなと思いました。

★大学1年生 カズキの木更津トライアスロン完走記!!★ついにトライアスロンデビュー

posted by 2017.09.26 | 固定リンクメンバー

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このページのトップへ


無料体験お申し込み

お問い合わせ

青山トライアスロン倶楽部メールマガジン登録

青山トライアスロン倶楽部スケジュール

青山トライアスロン倶楽部キッズ公式ブログ

大阪トライアスロン倶楽部

EARTHトライアスロンショップ